〇靭帯損傷 ~損傷してしまったら~

前回は『靭帯』の大まかな特徴について紹介させていただきました。

前回のブログは読んでいただけましたか?

まだ!っという方はコチラからご覧ください。

 

今回は『靭帯の回復』などについて紹介させていただこうと思います。

当然ですが回復するということは、損傷・ケガをしてしまっているということになりますが

どんな状況で損傷することが多いのかご存知ですか?

 

それは捻挫です。

体の中でも最も捻挫しやすい関節としては足関節が代表的で、この足関節捻挫のなかでも好発しやすいのは内反捻挫になります。

内反捻挫といわれるとイメージがしにくいかもしれませんが、足関節捻挫をイメージした時につま先が内側を向いた状態で捻ってしまった状態のことになります。

 

今回は足関節内反捻挫を例に挙げて紹介していこうと思います。

足関節内反捻挫は誰にでも起こりえるケガになりますが、どの程度回復までに時間が必要なのかというと

教科書的に紹介させていただくと約3週間です。

 

損傷の程度(軽症・中等度・重症)によって当然変わってきますが

内出血の範囲が広い・歩いてる時に痛みが強いなどの場合は1週間程度では回復しない!と思っていただければと思います。

 

損傷の程度についてですが、軽症(Ⅰ度)・中等度(Ⅱ度)・重症(Ⅲ度)に分類されます。

軽症(Ⅰ度):痛みはあるが靭帯は損傷していない状態

中等度(Ⅱ度):靭帯が一部切れている状態  

重症(Ⅲ度):靭帯が完全に切れている状態

 

※内出血がある場合は中等度(Ⅱ度)以上の可能性が高いです。

 内出血は最初は外果(外くるぶし)の近くなどにできますが、経過とともに足の小指の方に移動することもあります。

 

プロスポーツ選手が靭帯をケガして手術をした!なんてニュースたまに見かけませんか?

この時の損傷の程度は重症(Ⅲ度)の靭帯が完全断裂してしまっている場合

中等度(Ⅱ度)の一部靭帯が切れている場合だと考えられます。

理由は、一度切れた靭帯は自然に再生することがないからです。

そう、切れた靭帯はいつまで経っても切れたままということです。

 

靭帯が切れたままでも、周辺の筋肉などのサポートで日常生活には支障をきたさない程度までには回復しますが

プロスポーツ選手となると、十分なパフォーマンスができなくなってしまうので、早い段階で手術をして切れた靭帯同士を縫合することが多いようです。

これにも理由があり、この切れた靭帯を直接縫合することで、リハビリの期間が短くなる・再発のリスクが少なくなるなどの利点がある為、プロスポーツ選手などパフォーマンスが重要なお仕事をしている方は早期に手術を選択しているんです。

 

では、プロではないけど、スポーツをしている方はどうしたらいいのか?

ここに関してはケースバイケースになってしまうので、捻挫したら接骨院・整形外科を受診してください。

でも、そんなに痛くなければ接骨院や整形外科を受診しようと思う方は少ないのではないでしょうか。

軽症の場合、ある程度安静にしていると、自然と痛みが引いていくこともあります。

それが故に、『少し痛いけど我慢してスポーツを再開!』なんてしてしまう方が多いかもしれません。

ここで注意が必要なのが、痛みを我慢しながらスポーツをしていると、次ケガをした時に以前より大きなケガになりやすいということです。

 

痛みがある時、私たちは自然と痛みが出ないように不自然な姿勢や使い方をしています。

これは逃避姿勢・行動と呼ばれる体を守るためのシステムです。

この期間が長期に及んだり・普段使わない筋肉などを酷使したり・変な癖がついてしまい本来の動きができなくなってしまったりしている時に、また同じように足関節内反捻挫をしてしまったとすると、前回痛めた所を再度痛めてしまうことに加え、

逃避姿勢・行動中に使っていた部分を痛めてしまう可能性がとても高くなります。

こうなると、回復に必要な時間が通常よりの長期になってしまうということは、容易に想像できるかと思います。

 

なので、痛みを我慢してスポーツを再開することは絶対にしないでください!

 

靭帯が回復するには炎症期・増殖期・回復期と呼ばれる時期があります。

炎症期は患部に炎症が起こっている時期で負傷直後から始まるもっとも痛みが出ている時期です。

この炎症期を無くす!ということはできないので、この炎症期の期間にどれくらい安静・固定ができるかが重要になっきます。

炎症期が終わると、痛めた細胞を修復する増殖期に移行して、次第に回復していきます。

 

最初の炎症期に何をしたのかがその後を左右してしまうんです。

炎症期はできるだけ安静にし、患部が悪化するのを避けることが大切です。

その時にアイシングなどをすると効果的だと思います。 

 

捻挫は誰でもしてしまう可能性が高い外傷です。

いざ起こってしまった時は、無理せず治すことに専念してくださいね!