お風呂のあがるタイミングっていつ?

さあさあ、お待たせしました。水曜担当三谷です。
前回に引き続き、お風呂のお話し〜
 
 
前回は暖まり過ぎると、
 
「体は発熱しずらくなる」って話しでしたね。
 
湯冷めとかも、実はこれ多いですよね。
 
理想は体がサッと引き締まってきたときに、
上がりたいです。
 

 
そうやってうまく引き締まりつつあるときに上がると、
 
体中がバッと赤くなって、
 
皮膚も引き締まってまってきますから、
 
まるで十代の肌のようにとは言わずとも、
 
皮膚も若返ってきます。
 
 
それで、今回はあたたまった後、
 
「いつ上がるか?」
 
その上がるタイミングのお話しです。
 
 
ではその方法はというと・・・
 
まずお湯に浸かったら、
 
太ももにソッと触れてみます。
 
なぜかというと、まずはお湯の熱さに太ももが(本当は全身が)
 
キュッ!と緊張したような状態になります。
 
それが少しするとお湯の熱さに馴染んで
 
フワァ〜っと弛む。

 
そのまま暖まっていると、弛んだ太ももが
 
もう一度、スーッと引き締まってくるような感じになってきます。
 
この感じが起こり始めたあたりが、
 
お湯から出るタイミング。
 
太ももなんかは筋量も多いですし、
 
触りやすく、引き締まったかわかりやすいですかね!
 
そうして、上がって体を拭いているくらいのときに
 
キチッと緊まった状態になるのがベストです。
 
このタイミングを逃すと、再び全体が弛み始めて、
 
あとはそのままどんどん弛んでいってしまいます。
 
ちょっと慣れるまでは、練習が必要かもしれませんが
 
ぜひやってみて下さいね!
 
 
三谷