最近多い患者さん⑧~part2

 

最近多い患者さん8 パート2

前回の事見に覚えある方多かったかなりいたんじゃないですか?
少なからず皆さん一度は経験あると思いますよー!

今回は、これだけでも知っておけば痛みを最小限に抑えられる?ことです!
誰もが望むことですよね。

ぎっくり腰の時どう過ごしますか?
多くの病院ではコルセットを処方され安静にしてくださいと言われますね。

けど、それだったら診てもらう必要なくないですか?コルセットも今はドラックストアに売っている時代です。それを買って自宅で安静にと同じですよね…

患者さんは痛みを少しでもなくして欲しい方がほとんどです。そこの治療やアドバイスをすることが大切だと思うんです!

前回も話しましたが、筋肉が多い方は動いた方が治りやすいです!(全員ではありません…)

簡単な見分け方としては
鏡の前に真っ直ぐ立ってみましょう!

その時に鼻とおヘソの位置はどうですか?

ここで極端に曲がってる方は運動をしない方が良いです!

少し曲がってるくらいなら、むしろ運動をおすすめします。

腰の痛みの原因が体の前後のズレなのか左右のズレなのかで変わってくるんです。

多くの方は前後ズレなので股関節を動かす階段昇りなどを行うと症状は改善傾向になると思います!

左右のズレの方はむしろ動けないと思います…
ぎっくり腰の経験のある方ならわかると思いますが、左右のズレだと本当に動けないんです。僕の経験でもそうでした…

自分でも体が曲がってるのわかるくらい曲がってます。その方はすぐに接骨院などの受診をすすめます。

難しくいうと体の軸がズレてしまうので、体を支えられないんです。


ここでまとめると…
まずは鏡の前で自分の体を観察しましょう!それは痛みのない時からやっておくのが1番です。少しの体の変化に気がつくことができれば痛みも最小限に。

読んでくれている方が、少しでも痛みのない日常生活を送れることを願っています(^o^)