最近多い患者さん⑧

最近多い患者さん⑧

 

季節の変わり目になると多くなる急性症状です。

 

最近ではギックリ腰の方が多いんです。

 

先日は季節は関係ないですが・・・腰~大腿部にかけて症状がある方が来院されました。

 

その方は、椎間板症の症状が以前からあり整形外科に通院されていました。

 

最近、症状の改善が見られないので整骨院に通院されました。

 

二回目の施術にて症状が良好になりました。いつもは痛いながらも30分くらい運動をしているのですが

 

痛みがなくなってきたので1時間30分程運動をしました。

 

痛みがなく運動出来る事はすごく良いことだと思います。

 

けれど、多くの方は勘違いしていることが多いと思います。

 

痛みがないだけで治ってはないんです。そんなことわかっているよって思うと思いますが・・・

 

けれど、体の痛みなく運動できたり日常生活過ごせるのってうれしいですよね!!

 

体ってその人の使い方次第で変化は出せると思います。

 

けれど、何回かの治療で良くなることはありますが、それは一時的なものなんです。

 

安静時の調子がよくても、痛みがある時と同じ運動フォームなどで行うと痛みが再発するんです。

 

例えばそれが何年って痛みがあったならなおさらですよね!

 

なので、治療をするなら根本を治したいって皆さん思うと思います。

 

そんな時、勘違い?人によりますが・・トレーニングで安定させようとすることです。

 

動くことはよいことなのですがしっかりとした運動を身に覚えさせてほしんです。

 

あと、ギックリ腰になったら安静にするかた多くないですか?

 

もちろん悪いことではないですが、多くの方は動いた方が早く改善される方が多いんです。

 

逆に筋肉がある人程、痛い時には動かす方が良いと思います。

 

それは筋トレとかではなく、簡単に歩くで良いんです。

 

筋肉質なかたは尚更寝転んで過ごしていては痛みが取れにくく・・・

 

だって、周りの筋肉で痛い所を守ろうと固めるんですよ!!防御反応ですね

 

そうなると、痛みがなくなるのに時間を要すことも。

 

痛ければとりあえず動けではないので注意が必要です!!

 

動ける範囲は動くのが良いんです。

 

痛くなりそうなとき少しでも思い出してもらい痛みを最小限に抑えられると良いと思います。

 

しつこいですがそういう時、筋トレはNGですよ!!

 

次回は簡単ですが、こんな痛みの時は安静?動かすべき?を書きたいと思います。