アイシングはなぜいいのか!

突然ですが、皆さんはケガをした時どうしますか?

 

ケガした所を手で撫でる・手でさする・あえて叩く など様々な行動をしているとは思うますが、

どれも正解です。

人間がとっさに取った行動には本能的はモノがほとんどで

誰に教えられたわけでもなくできてるのではないでしょうか。

 

では、ケガして少し時間が経過した後はどうでしょうか?

例えば、帰り道でケガをしたけど、なんとか家まで着いた・・・・

こんな時どんなケアをしていますか?

 

①冷やす

②温める

③湿布を貼る

④自分でマッサージをする 

 

あなたはどれに当てはまりますか?

 

①冷やす

急性症状には一番適した方法です。

特にRICE処置が重要なんです。

 

RICEとは下の4つの頭文字を合わせた言葉になります。

 

Rest(安静) スポーツ活動の停止

ケガした直後から体内では細胞による修復活動が始まります。

安静にせず運動を続けると修復活動を阻害してしまい、回復が遅くなります。

 

Ice(アイシング)患部の冷却

冷やすことで痛みの減少、血管収縮され腫れ、炎症をコントロールする。

 

Compression(圧迫)患部の圧迫

圧迫を与えると出血、腫れをコントロールする。

 

Eievation(挙上)患部の挙上

患部を心臓より高い位置にすることで内出血を防ぎ、腫れをコントロールする。

 

この4つがもっとも重要とされ、急性症状にはまずこれ! といってもいい対処方です。

 

この中で注意していただきたいのが、冷却です。

 

冷却する時に何を使ってどれくらいの時間冷やすのかです。

使い方を間違えると、逆効果や凍傷などにもなるので注意が必要です!

 

局所的なアイシングの代表例

 

ビニール袋などに氷+水を入れた物を使う場合

冷やす部位にフィットさせる為、空気を抜いて作ります。

患部に濡れたタオルかバンテージを被せてそのうえから当てると凍傷の予防になります。

 

※冷湿布では、アイシング効果が得られない場合もありますので注意して下さい。

 

湿布は子供~大人まで誰もが一度は使用したことがあるほど、認知されている物なので

『どこか痛めたら、とりあえず、湿布!』 と考えてる人も少なくないと思いますが

湿布は皮膚表面を冷やして感覚を鈍くさせることが多く、筋肉などの深部組織には届かないんです。 

 

アイシングする際は、ビニール袋+氷+水 が最適です。

氷が少し溶けてビニール袋の表面に霜がついてたぐらいから患部に当てるのが凍傷にならないタイミングです。

 

時間は15~20分と記載されている本が多いかと思いますが、決してそれだけではありません!

冷やす部位・感覚によって変わります。

ですが、30分以上連続で冷やすことは避けてください。

 

冷やして、『感覚がマヒしてきたなー』 と感じたら終了のサインだと思って下さい。

 

炎症が起こってる部位は冷やしても始めは冷感をあまり感じません。

試に、負傷してない方の同じ部位にアイシングをしてみると、感じ方に差があるはずです。

 

 

全身的なアイシングの代表例

温水(約40℃)と冷水(15~20℃)に交互に入浴する交代浴

この方法は、ポンプ機能を引き出して、蓄積している老廃物の除去を目的としています。

温水に約3~4分入った後、冷水に約1分入るのを3~4回繰り返します。

※時間の設定・温度設定などは方法により誤差がありますので、ご注意ください。

 

 

②温める

 炎症のない慢性症状の場合に有効

 

③湿布を貼る

最近は多種多様の湿布が販売されているため、一概ではありませんが、

急性症状に対して最善ではありません。

 

 

④自分でマッサージをする

損傷している筋組織に対して無暗にマッサージを行うと症状の悪化や回復の遅延になるのでご注意ください。

 

急性症状の応急処置として適しているのは

アイシングで患部を冷やすこと になると思います。

 

先週お話した『オスグット』もRICE処置が重要です。

痛みがあって運動がしたい時・しなくてはいけない状況もあるかと思います。

ですが、無暗に運動することで、良くなることはあまり無いので、そんな時こそ

接骨院をご利用ください。