●子どもの踵の痛みは要注意!

前回・前々回とアキレス腱の損傷について説明させていただきました。

アキレス腱の損傷自体は幅広い年齢で起こりえる疾患なので気を付けていきましょう!

 

今回は同じ踵骨の痛みでも、子供に特有の疾患について紹介しようと思います。

 

以前、膝関節の話をしていた時に、『骨端症』という話をしましたが覚えていますか?

 

骨端症とは子供特有疾患で、代表的なのがオスグット・シュラッター病です。

オスグットはスポーツ活動が盛んな子供の脛骨粗面(スネの上)の部分に痛みが出ます。

これは、子供の骨がまだ柔らかい為、筋肉に強く引っ張られることで、骨が盛り上がってしまいます。

 

この『骨端症』ですが、距骨にも起こるんです。

 

それが踵骨骨端症(セイバー病・シーバー病)です。

踵骨骨端症は踵骨隆起(踵の先)に微細な骨折・炎症を及ぼします。

バスケ・サッカーなどしている10歳前後の子供に多く

最初の症状はジャンプして着地した時に踵が痛い と訴える事がほとんどで

次第に歩いてる時も・安静にしてる時もズキズキ痛いと訴えてくるようになります。

 

原因は踵骨に付着している大きな筋肉であるアキレス腱と足底筋膜の牽引力と考えられています。

大人の踵骨は大きい一つの骨として存在していますが、子供の場合はまだ、一つになっていない為、強い牽引をされるとその影響が微細な骨折・炎症を起こしてしまうんです。

 

治療方は手術などはせずに保存療法がメインになるかと思います。

まずは、安静にさせて痛みがある程度治まるのを待つ、痛みが治まってきたら少しずつ動かしていく。という感じです。

 

ですが、『大事な試合が近い!』『負けられない戦いがそこにはある!』なんて時はどうしますか?

痛いのを我慢しながら・させながらプレーさせますか?

 

 

じゃあ、どうしたら・・・

そんな時はセントラル接骨院東戸塚店をご利用ください!

 

 

私が経験したのは、私の子供が加入しているバスケットクラブに付き添いで行った時です。

偶然診た同じクラブの女の子(高学年)の子が踵骨骨端症に似た症状でした。

触ってみるとアキレス腱とかではなく、踵骨の先が痛いと訴えていました。

その子に話を聞いてみると、『少し前から痛み出したが何をしていいにかわからなかったので放置をしていた』とのことでした。

小学生なら仕方ないかもしれません。

今まで、ケガをしても、しばらく我満したら痛みが引いたという経験は小学生でもあると思います。

ですが、骨端症の場合、無理をしすぎると損傷が大きくなり回復により時間が必要となってしまいます。

 

出来るだけ早く復帰したい!というのは子供本人も保護者の方も強く思うように私達の早く復帰させたいと思っています。

もし、身近にこんな症状で困っている方がいれば『そんな時は接骨院に行けばいいみたいだよ!』と教えてあげてください。