肩関節周囲炎~四十肩・五十肩~

今回は「肩峰下滑液包炎」について。。。

 

あまり聞きなれない言葉ですよね!

 

肩甲骨の肩峰という出っ張りの下にある滑液包という

 

摩擦を軽減する袋です。

 

そこに肩の動きなどが十分に行われないと炎症が

 

起きることを言います。

 

この袋は風船のようなものと思ってください。

 

なので一度炎症を起こすと治まってもまた起こしやすいのです。

 

同じ袋はわかりやすいところだと、アキレス腱周り、膝のお皿の上にあります。

 

接骨院でもこの症状で来院されるかたも多く来院されます。

 

最初は軽い違和感です。そこから、動かすてしまう事により炎症が起こるのです。

 

特に膝の上が腫れてくる方はこの方が多いのです。

 

三つの中では、肩の痛みが一番強いかもしれません。。。

 

肩って色んな方向に動きますよね!!

 

なので色んな角度で痛みが出てしまうんです。なので、中には三角巾で吊る場合も

 

大げさと思う方もいると思いますが、これ本当に楽になるんです!

 

腕の重さってこんなにあったんだって実感するんです。

 

なので、痛みや違和感を感じた時は早めの来院をおススメします。

 

肩の場合自宅で安静って難しいんですよ!!

 

そうすることにより、早く痛みもとれてくるとおもいますよ。

 

肩、膝、アキレス腱などの上記の痛みはご相談ください。