肩関節周囲炎~四十肩・五十肩について~

毎週月曜日更新ブログの内容は「肩関節周囲炎」です。

 

肩関節周囲炎と言われると難しそうな名前ですが、皆さんの知ってるいい方をすると

 

『四十肩・五十肩』です。

 

この症状で悩ませれている方も多いのではないでしょうか?

 

このケガにも急性期と慢性期があるんです。

 

まずは急性期から、特徴は腕を動かしたときなど突然に激しい痛みです。

 

特に急性期の場合は痛みが強く、炎症が強くひどい時期であります。

 

患者さんの症状を聞いても一番つらいのが『夜間痛』です。

 

夜寝ている時に痛みが激しくなるのです。

 

寝返りをうつだけでも痛むので痛くて目が覚めてしまう方が多いのです。

 

他にも痛みが二の腕や指先にまで及ぶ方も・・・

 

そんな時どうするかですが、、、

 

中にはその急性期を我慢される方もいらっしゃいます。

 

安静にすることはすごく大切ですが、まずは関節で起こっている痛みの原因を取り除くことが大切です。

 

炎症を取り除かないと痛みがつづいてしまいます。

 

自宅でできるはアイシングが大切です。湿布よりもアイシングすることをおすすめします。

 

そんな症状のときは我慢せずに早めに医療機関を受診しましょう。

 

次回は慢性期について・