●捻挫は再発しやすい? ~あなたの靴底、外側が減っていませんか?~

前回は足関節(距腿関節)が内反捻挫をした時にどんな所を損傷するか ということを説明させていただきました。

その時に、靭帯は自然治癒力で治すには限界があり、断裂などしてしまった場合は、治らないとお伝えしました。

 

前回ブログ:足関節(距腿関節)捻挫について~ ←見逃した方はコチラから!

 

靭帯が治らないとどうなるのか・・・

それは、また同じようなケガをしやすくなります。

 

一度痛めている箇所は一度も痛めてない所と比べると、ストレスに弱くなり、痛めやすくなってしまうんです。

では、どうしたらいいのか?

 

方法は2つ

1つ目は手術で物理的に縫合させる。

縫合させることで、靭帯の強度が上がるので、ある程度のストレスに耐えられるようになります。

ただし、しっかり動かせるようリハビリを行うことが大切です。

 

2つ目は他の組織で代償する

この代償とは、体の他の部分にある靭帯などを移植するということではなく、損傷してしまった靭帯の近くに存在している筋肉などを強化してサポートしてあげるということです。

 

人間の体はどこかを痛めて、動かすと痛みが出る場合などの時、痛めている所をあまり使わずに、同じような動きをする代償運動をしています。

例えば、右肩を痛めている方が右腕を挙げようとした時に、体を左に倒す(側屈)しながら腕を挙げようとする 

   歩く時に股関節に痛みが出る方は、まっすぐ曲げると痛みが出るので、外側から回すような『分回し歩行』などです。

 

では、距腿関節ではどうなのか?

内反捻挫の場合、外くるぶしの近くを通る前距腓靭帯・踵腓靭帯が損傷しやすいと説明させていただきましたが、この二つの靭帯のサポートをしてくれるのが、長・短腓骨筋です。

 

長・短腓骨筋は外反筋として距腿関節は内反しないように制御してくれています。

また、距腿関節の背屈(つま先を上げる動き)の可動域制限がある場合も捻挫再発に大きく関わっています。

本来背屈運動は前脛骨筋(スネの筋肉)が大きく関わっているので、この筋肉を伸ばすストレッチなどが有効です。

 

この他にも外側が減るのが早い方・靴底の外側がすり減っている靴を履いている方は内反捻挫をしやすくなることがあるので、ご注意ください。

 

御清聴ありがとうございました。

次回は外反捻挫について説明していきますので、もしよければ次回もご覧ください。