変形性股関節症~高齢者の圧迫骨折~

高齢者の圧迫骨折の治療法

 

前回症状について話をしました。骨が潰れてしまうと考えただけでも恐いものです。

 

しかし、もちろんですがどなたにでも可能性はあるんです。

 

けれどそんなとき知っておくと役に立つ治療法の話です。

 

基本的には「保存療法」です。

 

コルセットなどで固定し安静に保つことが大切です。

 

骨折の仕方により手術に成ることも稀にあります。

 

しっかり治療しないと

 

徐々に腰が曲がってしまいます

 

骨折の痛みは引いても腰の曲がりにより痛みが残り日常生活に支障をきたします

 

骨折箇所が徐々に潰れて脊柱管を刺激して麻痺が起こる可能性

 

などの症状が残ることがあります。

 

高齢者の腰痛の約4割は圧迫骨折をおこしています。

 

皆さんも注意が必要です。

 

次回は他の部位ものぞいていきたいとおもいます。