変形性股関節症~高齢者の骨折~

高齢者に多い骨折

 

「脊椎圧迫骨折」

 

聞いたことあるかたもおおいのでは?

 

以前は若い人が高い所から転落して、臀部を強打した時などき起きるものでした。

 

最近では転倒や尻餅をついたり、長時間にわたる草むしりや畑仕事などが原因で

 

高齢者に多くみられるようになってきました。

 

圧迫骨折では、背骨にある椎体の前の部分がつぶれます。

 

初期症状としては「動くのが辛い」です。

 

上記のような原因がなくても

 

いつのまにか骨折している場合も。。。

 

それは姿勢が原因になることが、

 

腰が痛いと思い最初は我慢しているのですが、

 

痛みが長く続くと思い接骨院など受診したときに気が付く場合が多くみられます。

 

整形外科でレントゲンをとると「圧迫骨折」してますねと言われることも。

 

しかし、それが新しい骨折なのか前に骨折してときのものなのかの判断は難しいのです。

 

痛みがなくてもレントゲンを撮った時に骨折が見つかるものもあるんです。

 

背骨の変形をほおっておくと背中が丸くなる原因に。。。

 

次回はもう少し詳しく症状などのお話をしていきます。