変形性股関節症~高齢者の股関節~

高齢者に多い「大腿骨骨折」は大きく分けて3つに分類されます。

 

1、大腿骨頚部骨折

大腿骨の頚の部分、股関節を形成している骨頭のしたのくびれの部分。

細くなるので力が加わりやすく骨折しやすい。

 

2、大腿骨転子部骨折

頚部よりも下で、内側にわ小転子、外側にわ大転子と出っ張りがある。

両方とも歩いたりする時に、大切な筋肉がつく。

 

3、大腿骨転子下骨折

転子間よりも下の骨折

 

分かれます。一番多いのは

 

「大腿骨頚部骨折」です。

 

皆さんが思うのは、大腿骨は太くて折れにくいんじゃないの?ですよね。

 

確かにそうですが、骨は垂直の力には強いのですが、捻転の力には弱いんです。

 

高齢者の場合、椅子から立ち上がってよろけたり、段差につまずいたりというちょっとしたことで転倒し骨折してしまうことが多いんです。

 

稀に、寝たきりの方ですと、寝返りをうったり、おむつうを変えようと足を持ち上げたりした時でも折れたりする場合があり

 

大抵の患者さんは骨折した際に、骨がズレて歩けないで来院する方が多いです。

 

足の形が内股あるいはがに股の方で、少し押すと激痛が走るなどが特徴できな症状です。

 

中には、転倒後も骨のずれがなく歩ける場合もあるんです。

 

転倒など絶対的な原因がなくても、骨折の疑いがある場合もあるので

 

股関節の違和感を感じたら、早めの通院をおすすめします。

 

意外と周りの方で骨折したことがある方もいらっしゃいます。