変形性股関節症~高齢者の股関節症~

子どもの股関節の痛みについてかきました。


・単純性股関節炎

 

・ペルテス病

 

・大腿骨頭すべり症

 

・グロインペイン症候群

 

・化膿性股関節炎

 

などありましたが覚えてますか?

 

すぐに役には立たないかもしれませんが少しでも覚えてるだけで、役に立つ時が来るかもしれません。

今回は「高齢者」です。

 

最近、大腿骨骨折が増えています。高齢化なのも一つの要因です。

年齢とともに骨が弱くなるだけでなく、バランス感覚が悪くなって転びやすくなってしまいます。

 

年間で骨折する患者さんの数は70才以上の方を中心に20万人と言われています。

男女比率では女性の方が多く、男性の方が骨密度が高く、筋肉量が多いとされています。

女性は閉経後に骨密度が、急激に減少しやすいので注意が必要です。

でも、筋トレを頑張ったりカルシウムを取れば良いのかというとそれは違うのです。

大切なのはやはり体のバランスが大切になります。

次回は「大腿骨骨折を少し詳しく」説明します。