●膝の裏が痛い! もしかして、変形性膝関節症? No.1 ~実体験編~

アナタは膝の裏側に痛みを感じたことはありませんか?

 

恥ずかしながら私はあります。

しかも、二十代前半の時に突然痛くなりました。

 

私の場合、膝の裏が大きく膨らんでいて、少し硬いシコリのような物ができていました。

 

このシコリの正体は『ガングリオン』です。

ガングリオンは何らかの原因により、普段は存在しない場所に袋のようなものができ

この袋の中に滑液が濃縮され、黄色ががった粘度のある液体が溜まっている状態です。

 

この時の私の症状は膝裏の痛みに加え、お皿(膝蓋骨)周辺の痛みもありました。

痛みが常にあるという訳ではなく、痛い時もあれば痛くない時もあるという感じでした。

 

一応、整形外科を受診したところ、注射で黄色い粘液を抜くか・切開して袋を除去するしかないと言われました。

とりあえず、注射で抜いてもらうことにしました、抜いた後は痛みがなくなりました。

 

しかし、数日経つと再発! という状態でした。

 

痛い時に毎回注射するのも痛いし、切開するもの嫌だしなぁ~ と思っていた私は何で膝にこんな症状で出てしまうのかを考えてみました。

考えた結果、膝にストレスが加わりやい状態になっているから痛みが出るんだ という自分なりの答えに辿り着きました。

 

この 膝にストレスが加わりやすい状態 とはおおざけに言えば、膝が常に曲がっている(屈曲)している状態です。

 

常に膝が曲がってしまっていると、膝裏+お皿の上(膝蓋骨上部)にストレスが加わる=痛みが出る 

 

だから、注射で抜いても数日後に痛みが再発してしまっていたんです。

 

膝のストレッチをして膝を伸ばす(伸展)するようにしてみました。

その時やったストレスがこれです↓↓

ストレッチのポイント!

膝を曲げないで頑張る! これだけ!(笑)

 

・伸ばしてる足のつま先を、逆手で触る!

・伸ばしている方の手はお皿を抑えて膝が曲がらないようにする!

 

そうすると、殿部(おしり)~ひざ裏にかけて伸ばされる感じが出るはずです。

このストレッチで全てが良くなることはありませんが、私と同じような症状の方には効果があるはずです!

実際に、接骨院に来院されてた方で、このストレッチが必要な方には、教えさせて頂いています。

 

私の場合はガングリオンでしたが、他に考えられる原因・症状はなんでしょうか?

 

加齢・筋疲労・成長痛・リンパの流れ・変形性膝関節症・ベーカー嚢腫 

など様々な要因が考えられます。

 

次回からは、それぞれをできるだけ分かりやすく紹介・説明していこうと思います。

 

毎週金曜日更新!

『膝の裏が痛い! もしかして変形性膝関節症?』

ブログ作成者:つゆぐち