変形性股関節症~女性の悩み~

股関節痛み~女性の特徴~

 

女性の妊娠・出産によって股関節の痛みが生じることがあるのはみなさんご存じかと思います。

 

妊娠中は体重の増加によって股関節への負担が大きくなったり出産時に足を広げることで産後も痛みが続く場合も。。。

 

また、妊娠初期と後期では、出産に向けて骨盤が開くようにリラキシンというホルモンが多く分泌されます。

 

このホルモンは骨盤周辺の筋肉を緩める作用があるといわれており、

 

体が歪みやすかったり、痛みを引き起こすことが知られています。

 

出産後は、骨盤が大きく開いている状態になるため、産後一ヶ月以内に無理な姿勢など動きすぎてしまうと、

 

体が歪んだままになったり、股関節の痛みの続く原因に。。。

 

ご自身などで、

 

仰向けになった際、足の開き方に左右差があれば股関節のバランスが悪い可能性が高いかも。。。

 

産後3ヶ月はホルモンの関係で周辺の筋肉が緩みやすいので体を戻すには大切な時期です。

 

産後の忙しいときではありますが週1で治療を受けるだけでも違いがでます。

 

女性はそこで体を良い方向にするチャンスでもあるのです!

 

産後の骨盤ベルトを巻くのも良いことですが、巻き方によっては効果が半減かも。。。