●変形性膝関節症について考える ~ 半月板編~

【 変形性膝関節症 】って聞いたことありますか?

 

特に女性の方はご存知の方が多いかもしれません。

 

なんで、女性の方が知っているのか、

それは変形性膝関節症が女性に多い疾患だからなんです。

 

身近の方でこんな症状を訴えてる方はいませんか?

 

・立ち上がり時に膝が痛む

・階段の昇り降りで膝に痛みが出る

・正座ができない

 

 こんな症状を訴えている方がいたら、

それは【 変形性膝関節症 】かもしれません!

 

 

以前、膝の半月板は内側が大きく、外側が小さくなっていると説明させてもらいました。

 

今回は膝の動きに重要な役割をしている半月板のことを書いていこうと思います。

 

半月板の動きは

膝が屈曲(曲げる)すると半月板は後方に移動しています。

なぜかというと、

●大腿骨顆が直接後方に押し出す。

●半膜様筋と膝窩筋健、または内側々副靭帯が後方に引く。

からです。

 

逆に

膝が伸展(伸ばす)時は半月板は前方に移動しています。

これは、

●大腿骨顆が直接前方に押し出す。
●膝蓋骨が上方に移動するために半月膝蓋靭帯が前方に引く。

からです。

 

膝関節が動く時に半月板が動かないと関節の可動域も狭くなるのはもちろん。

疼痛を伴う場合もあるんです。

 

普段は半月板の動きなんて考えたこともない方がほとんどだと思います。

残念ながらそれは、動きとしては小さく、体感的に半月板の移動は分からないからです。

 ですが、この半月板の動きが阻害されてしまうと、膝に症状・痛みが出てきやすくなってしまうのも事実なんです!

 

膝に症状を抱えてる方のほとんどが、なんらかの理由で膝関節の動きがスムーズに行えなくなってしまっていることが多いと思いますがそんな時はどうしたらいいのか・・

 

 

それは、【膝窩筋】 【半膜様筋】 の動きです!

 

理由については、どちらの筋肉も半月板の近くを走行し、半月板の動きをサポートしているからです!

 

どんな動きや運動をしたらいいのか、それは次回お話しようと思いますので、気になる方はチェックして下さい。

 

毎週金曜日更新!

変形性膝関節症について考える  by ツユグチ

 

よろしくお願い致します。