変形性股関節症~腸腰筋のストレッチ~

今回は腸腰筋のストレッチについて
ですが。。。気になることがあったので少しダッセンします。

実は、腰痛の85%は原因がわからない!!のです。

腰痛の原因を特定するために行う、レントゲンやCT、MRIなどの画像診断では15%しか原因を発見できないという現実があります。

多くの方が心配のあまり検査をするのですが、原因不明なのです。

だって筋肉は画像に写らないんですから!!

すべての人ではないですが、筋肉が原因で痛みが出ている方が多い為に画像検査ではわからないのです。

話がそれましたが今回はストレッチの話をしていきます。色々な種類があるのでまずは1つ。

※膝をついて行う為、膝を痛めないようにタオルや座布団を下に置いてください。

①両膝立ちになります。
②片方の足を前に出して、膝が90度になるように片足だけ足を床につけます。
③床につけた足の膝に手を添え、ゆっくりと腰を前に押し出します。
※体をそるのではなく「つき出す」です。そらしすぎると腰痛になってしまうかも。
伸ばしているのは腸腰筋です。お腹の奥の筋肉がギューっと伸ばされます。
ストレッチは痛ければ良いわけではありません。20~30秒行うのがよいとされています。
これを両足行いましょう。

次回は他のやり方を説明します。