●変形性股関節症~腰痛の原因~

 

股関節は上半身の重みをしっかり支えなければならない重要な場所。
人体で、一番大きな関節。
座っていても、立っていても負担のかかることはわかりますよね?
腰の周りを支配する神経がちょうど股関節を通っている為、
股関節の痛みと腰痛を混合して知覚してしまう事が股関節の異常や腰痛を引き起こす原因になります。
股関節の可動がわるくなってしまうと、それを補うように腰椎な前湾が強くなることにより、腰痛が生じるのです。
この時の原因になるのが前回説明をした「腸腰筋」です。
この筋肉が硬くなると姿勢制御(良い姿勢を保つ)ことができなくなります。
つまり腸腰筋に頼りすぎってこと。
すると腰椎の前湾の原因にも繋がってきますよね?
だってこの筋肉な腰から股関節につくのだから腰を前に引っ張るんですよ。
このような、目には見えない体の奥の筋肉が腰痛の原因になっていることがあるんです。
腰痛=股関節可動域制限には深い関係があるんです。

次回はもう少し詳しい腰痛の内容をお話します。