●毎週金曜日更新! 『膝のお話』 No.3

私達が普段歩いている時に膝に加わるストレスは『約4倍』。

 

膝の症状でお悩みの方は、これよりも多くのストレスが加わるかも!?

 

みなさんはO脚・X脚という膝関節の軟部組織損傷をご存じですか?

 

ヒールの高い靴を履いたり、足のラインを気にする機会の多い女性の方は良く知っている方も多いかもしれませんが

O脚・X脚は女性だけに起こるものではありませんよ!

 

簡単に説明すると・・

 

膝関節を中心に外方凸の変形=内反膝(O脚)

膝関節を中心に内方凸の変形=外反膝(X脚)

 

比率としては51で内反膝(O脚)の方が多い。

 

原因も生理的なものと病的ものがあるんです。

 

乳幼児の時は生理的なO脚をしていて、歩き始めると徐々に外反していきます。

2-6歳の時に初めてX脚となるのです。

 

2足歩行で生活する場合、膝はある程度のX脚(外反膝)が必要なんです。

この場合は生理的な変形となり、左右対称であり痛み・機能障害はありません。

 

病的な変形としては、各靭帯の異常(内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯などの損傷など)・骨の形態異常(Blount病、くる病など)・外傷後の変形などによる変形で片側のみに多くみられるものとなります。

 

治療法としては、ストレッチ・筋力アップ・歩行改善・専用器具などを使った矯正などから

重症になると、手術なんて可能性もあるようです。

 

よく聞く言葉だけに軽視してしまいがちかもしれませんが、意外と厄介なこの症状

あなたの膝は大丈夫ですか?

 

わたしの体はどうなの?

簡単チェックリスト!

 

   座った時に猫背になる

   ヒールの高い靴をよく履く

   荷物を持つ手や、かける方が毎回同じ

   お尻の脂肪が気になる

   歩行中、膝が当たる・擦れる

   靴底の内側が減る

   膝下に隙間ができる

   歩行時、体が左右にぶれる

 

3つ以上チェックがある方は要注意!

 

 

ところで、O脚・X脚が見た目の変化以外にどんな影響が体に及ぶか知っていますか?

 

 意外と膝だけにとどまらないんです!

 

この続きは来週お話いたしますね。

 

 

 ※今回の簡単チェックリストはX脚・O脚の可能性を示すものになります。

決してチェックの数が多い=症状確定 ということではありませんので、ご安心ください。

ただ、少しでも自分の体の事を考えてあげる というきっかけになっていただければ幸いです。

以前の記事はこちら>>NO1  >>NO.2