●【ランナーの故障を斬る!】Vol.5 ふくらはぎの痛み

 

 


 

ランナーによく発生する故障をピックアップして

その原因や対処方法をお届けする

「ランナーの故障を斬る!」シリーズ。

 

今日お届けするのは

ワタクシ、高岡が裸足で走り始めて

長らく悩まされ

裸足で走るのを諦めかけたという、あの・・・

「下腿の痛み」についてお話ししていきます。

 

 

ふくらはぎの肉離れを患う方は

いきなり「ピキ」って感じで痛みが走り

もうそれからは荷重するだけで痛い状態になるパターンと

なーんか筋肉痛みたいな感じがずーっと残ってて

走ると痛いんだよなーみたいなパターンがあります。

 

 

僕は前者のパターンでした。

 

肉離れだと内出血したりする場合もありますが

僕は内出血することはありませんでした。

 

ただ、走ることはできませんでした。

 

受傷してすぐは アキレス腱を伸ばすストレッチも無理。

 

で、1週間くらい安静にしてると (症状にもよりますが)

ストレッチでの痛みは無くなります。

 

ただし

それで安心してすぐに走り始めると…

 

僕みたいに何回も再発することになります(涙)

 

 

僕の場合は

はじめは右の下腿の肉離れから始まり

それが治ったと思って走り始めたら

今度は左の下腿の肉離れ。

 

で、前述した通り

治ったと思って走り始めたら

またピキっ…

 

またストレッチしても痛い状態に戻り

振り出しから( ̄O ̄;)

 

それで

今度はじっくりちゃんと治そうとして

治ったと思ったらまた右の下腿の肉離れ…

 

それを左右3往復ですからね…。

 

さすがの僕も凹みましたよ。

 

 

ただこれって

下腿に何か問題の根本があるわけじゃないんですよね。

 

要は

下腿のキック(足関節の底屈)に頼って走ってたから。

 

逆に考えると

下腿の筋力に頼らなければ走ることができないような

体の使い方してたわけです。

 

これはもう

自分で嫌という程経験してますから

胸を張って言いますが (威張ることじゃないけど…)

僕がこの「負のループ」から脱出できたのは

 

・・・


・・・

 

・・・

 

 

胸郭の硬さを改善したからです。

 

 

今でもまだまだ僕の胸郭は硬いんで

日々エクササイズやってますが

肉離れを繰り返してたあの頃に比べると

幾分マシになりました。

 

 

下腿の痛みでお悩みの方で

当院にいらっしゃる方は

ほぼ例外なく

硬ぁぁぁい胸郭をお持ちです。

 

 

これを改善しないことには

下腿の痛みからは解放されません。

 

運良く痛みはなくなったとしても

また大事な時

そう、レース前とかの肝心な時に

いきなり顔を出してきます。

 

その絶望たるや…

 

 

そうそう、言っておきますが

ストレッチしてれば肉離れしないなんてことは

まずありません。

 

ストレッチをマジメにやってても

肉離れする人は、やっぱりします。

 

 

あなたがもし、下腿の痛みでお悩みであれば

あなたがやるべきことはすごくシンプルです。

 

 

まずは、キレイにブリッジができるようになりましょう。

 

もしブリッジがキレイにできないようであれば

今すぐ私たちの治療院に来て下さい。

 

 

ただもしかしたら

あなたはブリッジがキレイにできるけど

下腿の痛みにお悩みかもしれません。

 

その場合は

ちょっとしたコツさえ掴めれば大丈夫。

 

 

何回何回も整体や鍼灸マッサージ治療を受けて

あなたのお財布に

これ以上ダメージを与える必要は、もうありません。

 

 

あなたが、あなたの意思で

自身の体を変えていくことに

どうか投資して下さい。